3歳・4歳児の夜泣き!原因と対策は?治療は必要なの?

「夜泣き」と聞くとまずは赤ちゃんを思い浮かべますよね。

子どもと同年代の子供を持つ方の話を聞いても、「前は夜泣きひどかったけど落ち着いてきた」「夜ぐっすり寝られるようになって助かる」と、みんな「夜泣き」から解放された様子。

ところが、あれ?うちの子もう3歳なのにまだ時々夜泣きする…これって病気?と不安になっていませんか?

安心してください。

夜泣きは脳の成長過程で起こるものなので、成長するにつれていずれ落ち着きます。

しかし、なかなか落ち着かず、不安が解消されない場合は、お近くの小児科で一度相談してみるのも一つの手です。

私の子も、もうじき3歳になりますが、時々夜中に「かか…かか…」とグズグズ言いだしたり、時には起き出して、ぼーっとしながら私を探しに来たりします。

そんな時、何か日中に強いストレスを与えてしまっていたかな?私のせいかな?と不安になりますよね。

同じような不安を持つあなたのために、今回は3.4歳の夜泣きの原因と対策について一緒に考えていこうと思います。

一般的、夜泣きは2歳頃までにおさまることが多い

夜泣きは一般的には4ヶ月ごろから始まり、2歳ごろには終息をむかえるといわれています。

しかし、個人差があるため、全く夜泣きをしい子もいたり、年長さんぐらいまで夜泣きが続く子もいたりと様々です。

夜泣きをする原因はまだはっきりとはわかっていませんが、体や脳の成長過程と関連があると言われています。

「夜泣きは成長の証」と考えると少しほっとしますよね。

3歳・4歳児が夜泣きする3個の原因

上でもお話ししたように、夜泣きにははっきりとした原因はまだわかっていません。

しかし、3.4歳の夜泣きがあった時、共通する点もいくつかあります。

昼間の強い刺激や環境の変化によるストレス

子どもの一日は、初めて経験すること、見たことで刺激がいっぱいです。

日中に起こった友達とのケンカ、強く叱られたことなどの悲しかったことはもちろん、友達とたくさん遊んだ、褒められた、嬉しかった、などといった良かったことも強い刺激になってしまいます。

また、子どもは大人が思っている以上に繊細なので、引っ越した、クラスが変わった、保育園に入園したなどといった環境の変化もストレスとして感じてしまうため、それが夜泣きにつながると言われています。

生活リズムの変化

生活リズムがいつもと変わったときにも夜泣きが起こりやすいようです。

いつもよりも寝る時間が遅くなってしまった、夕ご飯の時間が遅かったなどといった少しの誤差でも子どもは敏感に感じ取ってしまうようです。

夜驚症(やきょうしょう)などといった睡眠障害

3〜4歳過ぎても夜泣きが続く場合には、夜驚症(睡眠時驚愕症)などの睡眠障害が原因のこともあります。

夜驚症は、普通の夜泣きとは異なり、パニック状態で起き上がる、何かに怯えたように泣き叫ぶ、ウロウロする、親が何を言っても聞こえない状態、意味不明な言動をする等がみられます。

小児期の夜驚症は、多くの場合、成長するに従って落ち着いてきます。

3歳・4歳児の夜泣き対策

成長とともに、夜泣きはいつか落ち着くとわかってはいても、夜泣きによるストレスや不安はなかなか解消されませんよね。

できれば早く夜泣きから解放されたい…

そのために親としてできることをご紹介します。

生活リズムを整える

上でもお話ししたように、子どもは繊細なのでちょっとした生活リズムのズレも察知してしまいます。

日頃から決まった時間にスケジュールをこなすようにしましょう。

まずは早寝早起きを心がけます。

そして天気のいい日はなるべく外に出て、体を動かし、日光をたくさん浴びるようにします。

天気が悪い日も出来るだけ体を動かす遊びを取り入れて、日中にしっかり体を動かしましょう。

就寝前にテレビ・スマホは見せない

人は「日光を浴びると覚醒し、夜になると眠くなる」という睡眠のリズムがあります。

スマホやテレビなどから発せられる光によって、脳が「昼間だ」と錯覚し、眠りが浅いなどの睡眠障害を引き起こしやすくなります。

寝る前はスマホやテレビは見せないようにしましょう。

睡眠環境を整える

睡眠環境とは、睡眠時の室内の温度や湿度、照明の明るさ、空気のきれいさ、服装といったことを指します。

子どもがなるべく安心してゆっくり眠れるように、環境を整えましょう。

光がドアの隙間や窓からこぼれてきていませんか?他の部屋の生活音が大きくないですか?

いちど子どもの目線に立って睡眠環境を整えてあげてください。

また、部屋の照明の暗さは真っ暗が好きだったり、少し明るい方が落ち着いたりと人それぞれです。

ぜひお子様の好みの照明の暗さにしてあげてくださいね。

3歳・4歳児の夜泣きには、治療が必要なのか?

これまでお話ししてきた対策を、全て行ってもなお夜泣きが続く場合は、病名のつく夜泣きもあるので、その時はお近くの小児科で相談してみることをお勧めします。

相談することによってお母さんもスッキリするかもしれません。

根本的に自然治癒していく事が多いですが、中には睡眠薬や抗てんかん薬、漢方薬、鉄剤の投与で簡単に消えるものもあります。

しかし。冒頭でお伝えしたように、ほとんどの夜泣きは脳の成長過程で起こるものなので、成長するにつれていずれ落ち着きます。

子どもの夜泣きに付き合っていくのは心身ともに疲れてしまいますが、いつか落ち着くと信じて、温かい目で見守っていきたいですね。

二人目を妊娠を計画しているなら葉酸サプリも積極的に摂取しましょう

3〜4歳のお子さんの夜泣きで悩んでいても、二人目の妊娠を計画しているかもしれません。

ご存知かもしれませんが、妊婦さんに必要な葉酸は妊娠前から摂取することが推奨されています。

ベルタ葉酸マカプラスはBELTA(ベルタ)専属の管理栄養士の監修の元で作られています。そのため、栄養価やそのバランスがしっかり整えられたサプリメントとなっているんです。

せっかく飲むのなら、きちんと栄養が摂れるサプリメントを使いたいですよね。管理栄養士が監修しているという安心感も、高いリピート率の一因となっているのかもしれません。そこでおすすめなのは、ベルタ葉酸マカサプリです。夫婦で取り組むのに最適だからです!

妊活は女性が主体として動くものというイメージがありますよね。

だけど、実際には男性の取り組みも大切ですし、最近は夫婦で協力して妊活する考え方が定着しつつあります。

ベルタ葉酸マカプラスは、妊活中の男女に嬉しい栄養素がたっぷり配合されているので、パートナーと一緒に妊活をしたいという人にぴったり。

妊活を始めたい!パートナーにも妊活への意識を持ってもらいたい!

引用:葉酸サプリで有名な「ベルタ葉酸マカプラス」の口コミまとめ!夫婦の妊活をサポート!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です